フォト屋花ちゃん工房

写真は未来への贈り物

まずは、写真を撮ったら!ぜひ!

一眼レフを購入したら、写真を色々と撮って行きたくなりますよね。
自分もそうでした、そして、ぜひ

第三者に見れる形で公開してみる!

という事をやり続けるのをやってみてください。これって、たまに「いやいや、そんな写真じゃないですから、自信がある写真が撮れたらね」という人が居ます。しかし、自信がある写真を公開して見て全くアクションが無かった時は、心が折れます。そうではなく、撮った写真を上げてみて、何かしらアクションがあれば、それをきっかけに更に写真を撮ってみて、更にアクションがあるかどうか?を繰り返して行くのが良い道筋だと思います。
あえて、修羅の道を行く人って居るのかは不明ですが…
さて、公開というと、SNSやブログなどで公開するっていうのが多いかもしれませんが、印刷して何かしらの機会に人に見せるというのも一つの手です。何かしらのアクションは確実だとは思います。しかも、印刷した場合の事ですが、写真を見比べやすいというメリットがあります。
両方とも言えることですが、良い意見もよろしくない意見も、堂々とこっそりと言われるかと思いますが、両方に言えることは、塩を送ってもらったら、それを写真に反映させていく事が大事だと思っております。
人それぞれ、器材それぞれなので色々と難しい部分はありますが、まずは撮ったら人に見せてみる。見せて見てなにかアクションがあったらラッキー、更にその写真のジャンルの水平思考をやってみると良いかと思います。

まずは撮ったら、人に見せてみてアクション起こそうぜ!
これを書いている人なんて、半年何かしらフォトコンに出してみたりとかやってみた事あったり。。。しかし、全滅でしたけどね(苦笑)
しかも、撮る写真は一眼である必要も無かったりすることも、スマホでも良いのです。撮るのに制限はたしかに掛かりますが、しかし、構図とかシャッターチャンスの感とかを鍛えるのには丁度いい器材だったりします。

さて、何を書いてるかワケガワカラナイヨに見えますので
締めの一言!

写真は他人の意見より、自分の感性

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。
サイトの内容や画像等の転載・使用等ございましたら、お問い合わせください。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フォト屋花ちゃん工房

テーマの著者 Anders Norén