フォト屋花ちゃん工房

写真は未来への贈り物

年末恒例の神頼み

のし書きの時に困らせている文字数…

年末も年末になると、毎年やっている事として近くの稲荷神社にお酒の奉納に行っております。今年ありがとうございました。来年度もよろしくおねがいします!という意味も込めて・そして、自分なりのルールで日本酒&ちょっと変わった名前の銘柄があれば第一候補として奉納する。という縛りをしております。なので、今年は

大海原へ大航海!

お酒コーナーに行ったら、一升瓶サイズって少なくなったですね。酒店に行けばまだ違うのかもしれませんが。。。そんな中、目についたのが上記のお酒。そういえば毎年行っている稲荷神社って海の話が有る神社。そして、自分が購入時ラストワン賞状態。コレは運命や!というこじつけでレジへ!

ここで購入したお酒の紹介。
四国の高知で酒造している「酔鯨酒造株式会社」が製造販売している特別純米酒のお酒、精米歩合は55%、アルコール度数は15度となっており、冷で飲むのにおすすめのお酒だそうです。味のレビューですか?自分用で購入し忘れたので、在庫が追加されたら今度飲んでみます。

さて、お酒を神社に奉納する際に、のし紙に書いてもらうんですが、その際は「奉納」で祝のちょうちょ結びのになるそうです。コレは、地域等によって変わりますので、その辺は鵜呑みにせず大型スーパーや酒店などお酒を扱うお店に相談してみると良いです。

ここってラベルを神棚向きに向けるので、誰が奉納してるかわからないのも良いです。

無事奉納、奉納に無事もダメもないけど…
しかし、奉納を毎年欠かさずやるって事に意味はあるのか?と言われると、行動自体に意味はないですが、今年自分ができなかった事や来年はこんな年にしたいという瞬間的な棚卸しができるので、やるようにしました。

さて、来年はどんな撮影案件が舞い込むかな??
ご相談だけでも喜んで受け付けますので、何卒宜しくお願いします。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フォト屋花ちゃん工房

テーマの著者 Anders Norén