フォト屋花ちゃん工房

写真は未来への贈り物

レンズが生えました!


タイトルのとおりです。コレは撮影業界で有る有る話なんですが、なんでも、レンズはカメラに付けるておいて、適度に撮影すると、カメラ本体を苗床にレンズ内部に付着してる。レンズ菌が分裂し、所有者の資金を栄養に、成長するという、恐ろしい状況があるという。。。

んーなわけないじゃないか!(ΦωΦ)フフフ…と油断してたら、いつの間にか成長しておりましたのでレンズを収穫しました!
そんなわけではなくて

お遊び用として持ち歩いている、ソニーのミラーレス一眼、『NEX-5N』の手持ちレンズで望遠がなくて辛い場面有ったしなー、特にブツ撮りとか。
望遠で物撮り?って思った方いらっしゃると思います。いえね、標準とかでも取れるには取れるんですが、ほんとうの意味で形状を正しく撮るには望遠が必要になるんですよ、試しに缶コーヒーなんかの円柱を撮るとよく分かる現象なんですが、今回はこの話は無しで、調べると分かりやすいページなり、解るようなわからん解説で良ければ、何かの機会で解説します。
※果たして解説みたい人いるのか不明だけど…コメントとかあればウレシイデス。

さて、それは置いといて、コレで手持ちのお遊びレンズとしては

・16mm単焦点
・18−55mmズーム
・55-210mmズーム
の3本体制になるので、お遊び撮影にするには十分すぎるスペックかな?
SDはFLASH Air入れてるので、即効性のあるアップも可能な状態では有るが、強いて言うならストロボを付ける部分がソニー独自規格だからここさえクリアできれば、お遊びじゃなくて最軽量撮影機材として運用も可能になりそうな予感。

コロナで色々と撮影案件がなくなったりしてるけど、お散歩なりなんなりで、腕がなまらないように、遊んでいこう。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フォト屋花ちゃん工房

テーマの著者 Anders Norén