フォト屋花ちゃん工房

写真は未来への贈り物

風林火山

武田信玄と結び付けられてる孫子の文章ですが、

撮影遠征する時は、風の如く
撮影のスタンスは、林の如く
嫉妬と情熱で動は、火の如く
閃きの技術検証は、山の如く

と、パロってみたんですが、どないでしょう??
いろんな界隈から怒られそうな…
感じもしますが…大丈夫…大丈夫…(極度の心配性
しかしながら、自分はこういった事を思って撮影してます
と伝えられるから、コレ使っていこうかしら。

っと、それは置いといて
撮影する時は上手い人の写真を嫉妬心丸出しで
技術検証します。ライティングの映り込みから
周辺状況を見たりとかExifが残ってたら
その設定を見たりと。

しかしながら、大事なのは
この人はこのスタンスが多い、 じゃあなぜそうなのか?
違うスタンスで撮ったらどうなる?自分だったら、
同じ被写体をどう撮る?
などなど、脳内シミュレーションを行い 撮影実証実験を行いますが
結果として挫折する事も多いです。
しかし、偶然更に踏み込んだ写真が撮れる事も
有ります。そういった積み重ねが、自分の血肉として残ります。

なので、花田が変に撮影熱量高かったら
誰かの撮影技術に嫉妬してしまくって、
撮影の研究してると思ってください(笑)

写真自体に意味は特にはありません。
液体物物撮りの撮影検証なので、何かの案件ではございません。
あしからず(笑)

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フォト屋花ちゃん工房

テーマの著者 Anders Norén